Corporate Profile 企業情報Corporate Profile 企業情報

沿革

大阪市中央区谷町1丁目に株式会社ナウプロダクション設立
資本金 2,500万円
代表取締役 中田豊、専務取締役 粟村敏明(他社員2名、計4名で営業開始)
株式会社ナムコ(現:株式会社バンダイナムコエンターテインメント)との取引開始
大阪市東区内本町へ本社移転
株式会社ハドソンとの取引開始
株式会社カプコンとの取引開始
大阪市中央区内平野町へ本社移転
株式会社セガ・エンタープライゼス(現:株式会社セガゲームス)との取引開始
株式会社タイトーとの取引開始
大阪市中央区平野町道修ビルへ本社移転(現本社)
家庭用オリジナルソフト開発着手
代表取締役社長 粟村敏明 就任
株式会社スクウェア(現:株式会社スクウェア・エニックス)との取引開始
株式会社ソニー・コンピュータエンタテインメント(現:株式会社ソニー・インタラクティブエンタテインメント)との取引開始
任天堂株式会社との取引開始
コナミ株式会社(現:株式会社コナミデジタルエンタテインメント)との取引開始
「元気印の会社はココが違う」(近畿通産局編)で企業紹介を受ける
自社ソフト第1号「データナビプロ野球」(GBC)発売
東京支社開設(東京都新宿区)
増資(新資本金 3,750万円)
パチンコ液晶ソフト 第1号発売
モバイルコンテンツ事業を開始
第18期売上 20億(2,086万円)突破
自社ソフト「インテリジェント ライセンス」(PSP)発売
増資(新資本金 7,500万円)
自社ソフト「インテリジェント ライセンス 2」(PSP)発売
自社ソフト「なぞっておぼえる大人の漢字練習」(DS)発売
海外展開を本格始動、Activision Value Publishing, Inc.(現:Activision Publishing
Minneapolis, Inc.)との取引開始
海外向受託制作ソフト第1号「Little League World Series Baseball 2008」(Wii)発売
規模拡大のため東京支社移転(東京都豊島区)
中国に合弁会社「西安納普龍游技軟件有限公司」設立(陝西省西安市)
東京スタジオ開設(東京都お台場)